今年、設立140周年という記念すべき年を迎えるルコックスポルティフ。 ロードレース、ゴルフ、サッカー…など、さまざまなスポーツに起源を持つ ブランドとして知られるが、テニスとの関係性は古くまで遡ることができる。 テニスのコートシューズが進化し、タウンユースモデルとして ファッションシーンともリンクする『LA ROLAND』の歴史について触れてみたい。

今年、設立140周年という記念すべき年を迎える
ルコックスポルティフ。
ロードレース、ゴルフ、サッカー…など、
さまざまなスポーツに起源を持つ
ブランドとして知られるが、
テニスとの関係性は古くまで遡ることができる。
テニスのコートシューズが進化し、
タウンユースモデルとしてファッション
シーンともリンクする『LA ROLAND』
の歴史について触れてみたい。

テニスと
ルコックスポルティフの
関係性を象徴する1足

1980年にルコックスポルティフのシューズとして初めて発売された『CLASSIC SOFT』。テニスのために開発されたシューズには、ルコックスポルティフのアイコン、雄鶏のロゴがあしらわれ、ここからさまざまなスポーツシューズを生み出すことになる。

ルコックスポルティフが
テニスのために開発した
モデル

世界テニス4大大会で男子シングルスを制覇した伝説のテニスプレイヤーが、ルコックスポルティフと契約を交わし、1980年代前半からシグネイチャーモデルをリリースし続けた。クレーコートでもハードコートでもプレー可能としたコートシューズ。

コート上を縦横無尽に動き回れる
機能を備えたシューズ

テニスで必要とされる機能性と、選手個人の要望を取り入れ、軽量性、快適性、柔軟性を重視したモデルとなった。
軽量で柔らかい天然皮革をアッパーに用い、水平方向の安定性を向上させるソールのモールドラバーはコート上で力強いフットワークを可能にさせた。
シュータンに通気性のためのベンチレーション機能を搭載したモデルも登場し、アスリート仕様を決定づけるシューズとなった。

ファッションシーンとの親和性も築き上げた歴代のシューズたち

2010年初頭からルコックスポルティフを象徴するモデルとして復刻を果たした伝説的テニスプレイヤーのシグネチャーモデルは、スニーカー愛好家やファッションアディクトたちの足元に花を添えるシューズへと変貌を遂げていく。

クラシックコートシューズを
現代にマッチするように昇華

ルコックスポルティフが展開してきた歴史的コートシューズの血統を引き継ぎながら、ラスト感の見直しや軽量性、フィット感にもこだわった『LA ROLAND』は、多種多様なスタイルとのマッチングを可能にした珠玉の1足だ。

LA ROLAND SL

アウトソールは内部にEVAを配置することで、軽量性とクッション性を追求。フィット感にもこだわった。
履き心地だけでなく、スタイリングのしやすさもポイント。

¥7,150(税込) Size:22.5〜28.5cm

  • QMT-7314WN

    BUY

  • QL1LJC16WG

    BUY

  • QL1TJC06WY

    BUY

  • QL1SJC04BB

    BUY

LA ROLAND LE

アウトソールは内部にEVAを配置することで、軽量性とクッション性を追求。フィット感にもこだわった。
インソールには通気性とクッション性のあるオーソライトインソールを採用し、快適な履き心地を提供してくれる。

¥9,350(税込) Size:22.5〜28.5cm

  • QL1SJC03WH

    BUY

  • QL1TJC02WC

    BUY

  • QL1SJC03GY

    BUY

  • QL1TJC02BK

    BUY

LA ROLAND ECL

アッパーにサスティナブルなエコレザーを使用。
アウトソールにはラバーとEVAを適切に配置することで軽量性とクッション性を追求。
インソールには通気性、クッション性のあるオーソライトを使用。

¥13,200(税込) Size:22.5〜28.5cm

  • QL1TJC01WH

    BUY

  • QL1TJC01BG

    BUY